ビジネス

【ガチ】年収が倍になっても、幸福度は上がりません

「年収が上がれば幸せになれる」

「年収が下がったら不幸になる」

会社員時代のぼくは、こんな風に考えていました。

今の仕事や年収に満足していない人の中には、

ぼくと同じように、

  • 今不幸なのは収入が少ないからだ
  • 年収が上がれば、すべて解決する

と考えている人も、いるのではないでしょうか。

だけど、仮に年収が高い仕事に就けたとして、

収入が上がったとして、

本当に幸福になれるのでしょうか?

最初に結論を言ってしまいますが、

年収が上がっても、幸福度は上がりません。

「そんなの嘘だ!」

と思うかもしれませんし、

「そんなの嘘だ!」

と思いたい気持ちもわかります。

ですが、残念ながら、

研究で明らかになっている真実です。

今回は、そんな「収入と幸福度」にまつわるお話をしようと思います。

給料の過多は仕事の満足度とは関係ない

「収入が多い方が幸せに決まってる」

「高給取りの方が満足度が高いに決まってる」

普通に考えれば、そう思うでしょう。

ですが、フロリダ大学の研究で、

給料の過多は、幸福度や仕事の満足度に影響がない

という研究結果が出ています。

「給料」と「仕事の満足度」の相関を調べる研究なのですが、

相関関係は「r=0.15」という結果でした。

この数値は、

1に近いほど相関関係が強く、

0.5以上であれば相関関係があるとされます。

「r=0.15」がどういう数値かと言うと、、、

もうお分かりかもしれませんが、

ほぼ無関係

という数値です。

いやいや、でも、たまたまかもしれないじゃん。

と思うかもしれませんね。

ですが、この研究には、

「メタ分析」という手法が使われているんですね。

メタ分析は、複数の研究結果を組み合わせた分析手法のことで、

多くの研究手法のなかでも、最も正解に近い結論を出すことができるとされています。

どういうことかと言うと、

給料の過多と仕事の満足度は、

ほぼ無関係 = ほぼ間違いない

ということです。

ちょっと夢がないような気もしますし、

にわかには信じられない結果なのですが、

これが、現実です。

年収倍になってもと幸福度は上がらない

フロリダ大学の研究では、

給料と仕事の満足度はほぼ無関係

という結果でしたが、

年収と幸福度の関係はどうでしょうか?

この点については、ノーベル賞受賞者の

ダニエル・カーネマンの研究が有名です。

年収300万~500万円くらいまでは、

年収が上がるごとに、幸福度が上がるのですが、

それを超えると、

幸福度の上昇率が悪くなるんです。

年収800万円以上になると、

幸福度の上昇率はほぼ横ばい。

年収800万円を超えると、それ以上お金を得ても、

「以前より幸せになったなあ」

とは感じられなくなってしまうんです。

日本人の年収の平均は

だいたい450万円くらいなのですが、

仮に、年収が倍の900万円になったとしても

幸福度は5%しか上がりません

もちろん、もっと年収が低い人は、

年収が上がれば、ある程度幸福感を得ることはできます。

ですが、多くの人にとっては、

年収が上がれば幸せになれる、とはならないんです。

これも、にわかには信じられないですよね。

でも、現実です。

お金って、意外と人を幸せにしてくれないんですねorz

どうすれば幸せになれる?

給料が上がっても、仕事の満足度は上がらない。

年収が上がっても、幸福度は上がらない。

では、どうすれば幸せになれるの?

簡単です。

仕事以外の人生を充実させればいいんです。

たとえば、結婚。

仲の良いパートナーと結婚をすると、

年収が上がるより、767%も幸せになれるんです。

たとえば、健康。

健康レベルがちょっと良くなるだけで、

年収が上がるよりも、6531%も幸せになれるんです。

つまり、年収を上げるために必死に働くより、

最低限の生活費をつくったあとは、

時間を趣味につかったり、

健康増進に使ったりする方が、

幸福度は飛躍的に上がる

ということなんです。

少しだけ、ぼくの話をしますね。

ぼくは、40歳で会社をやめてフリーランスになりました。

年収は150万円くらい下がったんですね。

さて、ぼくは不幸になったと思いますか?

答えは、NO。

むしろめっちゃ幸せになりました。

通勤時間がなくなった

対人ストレスがなくなった

会社からの意味不明な命令がなくなった

もう、これだけでもめっちゃハッピーなんですね。

そして、何より、

仕事以外の時間がめちゃくちゃ増えた

これが一番大きかったです。

子どもといられる時間が、

すご~~~~~く増えたんですね。

毎朝、子どもと一緒に保育園までお散歩

毎日、子どもとご飯を食べて、お風呂に入る

毎晩、いっしょに遊んで、絵本を読んで、一緒に寝る

子どもが小学生になった今は、

一緒に宿題をやったり、

ゲームをしたり、

家庭菜園やったり、

市民プールに行ったり。

子どもがやりたいといったことを

なんでも一緒にやってあげられる。

控えめに言って、めちゃくちゃハッピーです。

お金が不要、というわけではないですが、

幸福度を決めるのって

自由と時間だな、と

強く実感しています。

今回の話をまとめると、

  • 年収が増えても、幸福度はあがらないよ
  • 幸福度を上げるなら、仕事以外のことに費やすほうがいいよ

ということです。

最後に、劇作家のバーナード・ショーの名言を紹介します。

20代の頃より10倍金持ちになったと言う60代の人間を見つけるのは簡単だが、そのうち誰もが10倍幸せになったとは言わない

幸せって、お金じゃないんですね。

P.S

年収800万円以上になると

幸福度が横ばいになるなら、

年収800万円くらいあって、

自由な時間がめっちゃある

ぼくとしては、これが一番、理想的なんじゃないかと思うわけです。

でも、これって、

会社員だとほぼ実現不可能なんですよねf^^

フリー編集者でもちょっと無理。

年収は実現できても、

自由な時間が実現できない。

どうしたら、よいのだろう、、、

といろいろ迷走してたどり着いたのが、

「インターネットに自動で働いてもらう」

というビジネスモデルです。

このやり方について、

ぼくの無料メルマガで紹介しています。

ちょっとでも興味があったら、

下のリンクから、メルマガ登録してみてください。

何かのヒントを得られるかもしれません。

>たあくんの無料メールマガジンの詳細を見る

※不要だと思ったらすぐに登録解除できます。

【3大特典プレゼント!】無料メルマガやってます。

ネットビジネスに興味があるけど、

「なんだか怖い」「よく分からない」そんな人に向けて、

無料のメールマガジンを発信しています。

今だけ、3大特典プレゼント中です!

興味があったら、URLをクリックしてみてください

↓ここをクリック